黄道十二星座「みずがめ座」

Pocket

黄道十二星座(こうどうじゅうにせいざ)は、みなさんがよく目にしている星座占いの星座です。

ここでは、みずがめ座のお話を。

見える時期、方角、星座になった由来や性格など、みずがめ座についてご紹介します。

 

・みずがめ座って?

 

黄道十二星座とは、地球からみた太陽の方向を天球に印し、1年間分繋いでできる天球上の円を黄道と呼びます。

天球上の太陽の通り道です。

黄道上には、みなさんがよくご存知の12の星座が並んでいます。

これを黄道十二星座といいます。

(実際は、へびつかい座も一部黄道にかかっていますが、黄道十二星座には含まれません。)

ちなみに、星座占いで使われる星座は、「黄道十二宮」(こうどうじゅうにきゅう)と呼ばれています。

 

みずがめ座は「宝瓶宮(ほうへいきゅう)」。

 

青年が水瓶を逆さに持っている姿を表した星座です。

学名はAquarius(アクエリアス)略称Aqr、スポーツドリンクでも有名な名前ですね。

みずがめ座も、やぎ座と同じように2等星以上の明るい星はありませんので、見ることが難しい星座です。

 

みずがめ座のすぐ下に、みなみのうお座がいて、口にあたる部分に1等星のフォーマルハウトがあります。

フォーマルハウトから逆に上へみていくとみずがめ座があります。

 

設定者はプトレマイオス、英語名はトレミー。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

天文学や占星学、光学、数学、地理学など幅広い分野で活躍した古代ローマの学者です。

 

・みずがめ座の見える季節と方角

みずがめ座生まれの方は冬ですが、空に見える主な季節は、です。

 

それは何故かというと、生れた日の星座は、太陽の近くにいます。

昼の太陽と一緒に星座も移動しますので、夜空にはいないのです。

そのため、夜空に見えるのは生まれた日の3〜4カ月前となります。

 

みずがめ座がよく見える時期は、9月の午前0時頃、10月の22時頃、11月の20時頃で、南南西あたりに見えます。

ぺガスス座の頭のあたりに、星がまとまっている部分に水瓶があります。

そこから西に3等星が二つあるのですが、それは青年の肩を表しています。

 

みなみのうお座にある、明るいフォーマルハウトをまず探してみましょう。

秋の星座は、暗い星座が多いので周辺にある明るい星を頼りに探してみるといいですね。

 

みずがめ座には放射点を持つ流星群があります。

ゴールデンウイークに活発になる「みずがめ座η(イータ)流星群」、夏休み頃活発になる「みずがめ座δ(デルタ)流星群」です。

放射点を中心に、四方八方へ飛び出すように流れるので、放射点から離れれば離れるほど長くなって見えます。

 

どちらの流星群も、見るにはあまりいい条件ではありませんが、δ流星群は長期間見れますので7月15日〜8月20日頃空を見てみましょう。

 

・*ギリシャ神話*みずがめ座になるまで

 

水瓶を持っている、青年のお話です。

 

青年の名は、ガニメデス。トロイの国の王子で、身体が金色に輝くとても美しい少年です。

どんな女性も敵わないほどの美少年だったガニメデスは、大神ゼウスに狙われていました。

「どうしてもあの美しい少年を傍に置きたい」ゼウスは、行動に移します。

 

ある日、大きな鷲がガニメデスをさらいました。そうです、鷲はゼウスが変身した姿。

神々の住むオリンポスの酒宴でお酌をするよう言います。

ガニメデスは、神に仕えるなんて光栄だと思い快諾。

しかし、自国トロイの国が心配だとゼウスに言うと、トロイの国王にこのことを告げます。

 

ガニメデスの両親はとても悲しみました。ゼウスは心を痛め、ガニメデスの姿を星座にしたといわれています。

空を見上げれば、ガニメデスにいつでも会えるように。。。

 

ゼウスは、ガニメデスに永遠の若さと美しさを与えました。

ますます光り輝くガニメデス。

 

ガニメデスが持っている水瓶には、無限の英知をたたえる神の水、この世を浄化する

聖水だといわれていますが、不老不死の美酒が入っていたともいわれていて、その酒はみなみのうお座の口へ流れています。

 

・性格チェック!みずがめ座編

 

生れた月によって、星座が決まっていますよね。

それぞれの星座によって、性格や恋愛観も違っています。

では、みずがめ座を見てみましょう。

みずがめ座は、1月20日〜2月18日に生まれた方が対象です。

 

◎基本の性格

とにかくマイペース、束縛されることを嫌い、自由を求めています。

人に命令されるのも嫌で、自分が気に入らないと興味なし。控えめだけど、社交的。

媚びずに人と話したいと思っています。

他人には興味がありません。

干渉したり、人と比べることもしないので、陰湿な行動はとらず、感情的になることもほぼないでしょう。

 

◎恋愛

マイペースな性格を受け入れてくれる人とうまくいきます。自分を捨ててまで恋に溺れることはなく、尽くすこともしません。

自分に合わせてくれる人を好み、相手に縛られるのも嫌だし縛ることもしません。

ドライだと思われますが、とても落ち着いていて、安定しています。計算高い行動もなし。

自分の知識を披露するのが好き。相手に合わせずとにかく合わせてほしいのです。

 

◎仕事

独創的なアイデアが生まれるユニークな知性があります。簡単な仕事より、複雑な仕事を好みます。

マイペースなので出世には興味なし。協調性もありません。何よりも、必要とされたいのです。

好奇心を活かせる、独創的なアイデアが必要な仕事に向いています。

クリエイティブ、技術職も実力を発揮できるでしょう。

退屈と思うとやる気がなくなるので注意が必要です。

 



 

いかがでしたか?

みずがめ座の方も知らなかったことがあったのではないでしょうか?

秋の星座であるみずがめ座、美少年だったというのも驚きでしたね!

神話は知るととてもおもしろい発見がありますよ☆