冬に見える星座をみつけよう!

Pocket

冬は日が短いので夜が長いですよね。星空を早い時間から見ることができる季節でもあります。

空気も澄んでいるので、今まで見えなかった星座も見ることができます。

冬の空には、どんな星座が見えるのでしょう?

 

※11月の午前2時頃、12月の午前0時頃、1月の22時頃、2月の20時頃に見える星座です。

 

・星空が綺麗な冬の大三角と冬のダイヤモンド

 

冬にも、代表となる大三角があります。

オリオン座のベテルギウス・おおいぬ座のシリウス・こいぬ座のプロキオン、この3つの星を

結んでできる大きな三角形を「冬の大三角」と呼びます。

 

どの星も1等星なので、明るく輝いています。正三角形に近い三角形で、その中を天の川が縦断しています。

 

冬のダイヤモンドとは、おおいぬ座のシリウス・オリオン座のリゲル・おうし座のアルデバラン・ぎょしゃ座のカペラ・ふたご座のポルックス・こいぬ座のプロキオンの6つの1等星を結んでできる六角形のことをいいます。

また、ふたご座の2等星カストルを含む場合もあります。

 

オリオン座のペテルギウスは、この六角形の中に入っているので、六角形の1辺は冬の大三角となります。

1等星が多いこの付近はとても明るく、目立つ星がたくさんあるので見ていて飽きないでしょう。

 

・冬の北に見える星座

 

秋にも見えていた、カシオペア座、ケフェウス座、おおぐま座、こぐま座、きりん座、りゅう座は見ることができそうです。

東に見えていたぎょしゃ座が、北の空高くに見えるようになります。

 

ぎょしゃ座は冬の6角形に入っている星ですよね。仔やぎを抱いて馬車を操る王の姿をした五角形星座で、M36、M37、M38散開星団を見ることもできます。

ぎょしゃ座にも神話があります。

 

アテネ第三代王エリクトニウスは、聡明で人々から慕われていました。

しかし、生まれつき足が不自由だったので歩くことさえできなかったのですが、馬に体を縛り付けて戦闘に参加していたのです。

エリクトニウスは、知識や発明の才能も持っていました。そして車椅子のようなものを作り出し、生活・戦場に自由操り兵士たちを驚かせました。

 

その英知と勇気をたたえて、星座になったといわれています。

また、カペラはラテン語で『牝の仔やぎ』を意味しています。カペラがある部分に、仔やぎがいるのです。

 

・冬の南に見える星座

 

南の空には明るい星がたくさんあります。冬の大三角や冬のダイヤモンドが南の空にあるからです。

そのため星座も多く、オリオン座、おおいぬ座、こいぬ座、おうし座、うさぎ座、はと座、ちょうこくぐ座、エリダヌス座、ろ座、いっかくじゅう座、らしんばん座、とも座、です。

おうし座は黄道十二星座ですね。

 

この中で、あまり聞きなれない星座がありますよね。

エリダヌス座です。星座には珍しく、川の名前がついた星座なのです。

オリオン座の足下にある1等星のリゲルあたりから、大きく左右に蛇行しながら流れて地平線に消えていきます。

星座の中では、6番目に大きな星座です。

 

ギリシャ神話は、太陽の神アポロンの息子・パエトンの話です。

アポロンは、毎日四頭立ての馬車に乗って東の空から西の空へ駆けていきます。

パエトンは父アポロンに憧れていました。

 

パエトンは、自分にもやらせてほしいと頼みますが、アポロンは断ります。パエトンにはまだ早いからです。

それでも懇願するパエトンにアポロンは折れ、やらせてみることに。しかし、馬車は暴れパエトンは馬車と一緒に北イタリアを流れるエリダヌス川に落ちてしまいました。

パエトンはエリダヌス川と共に天に昇っていったといわれています。

 

・冬の東に見える星座

 

東の空には、うみへび座、ろくぶんぎ座、こじし座、しし座、かに座、ふたご座、やまねこ座が見えます。

しし座、かに座、ふたご座は黄道十二星座ですね。

このあたりは、春に見える星座が少しずつ見えるようになっています。

 

東の空には新しい星座がいくつかあります。新しい星座には、神話はありません。

そこで、ここでは新しい星座をご紹介します。

 

まずはやまねこ座。こちらは、スマートな山猫の姿をしています。しかし、星の並びから山猫を想像するのは難しい星座です。

星座の設定者へべリウスですらも、見つけるのは難しいと言っています。

そしてこじし座。こちらも設定者はへべリウスで、小さな獅子の姿をした星座ですが、星が淡いこともあり星並びから想像するのは困難です。

 

しかし、星の綺麗な場所であればどちらも見つけることはできるでしょう。

空気も澄んでいますので、新しい星座を探してみるのもいいですね。

 

・冬の西に見える星座

 

西の空には、ぺガスス座、アンドロメダ座、ペルセウス座、さんかく座、くじら座、うお座、おひつじ座、おうし座がいます。

うお座、おひつじ座、おうし座は黄道十二星座ですね。

 

このあたりの星座は、秋の星座ですがまだ見えています。

その中でも、さんかく座はとても古くからある星座です。3等星と4等星が細長い三角形を表していて、周辺に明るい星座がないので、見つけやすい星座です。

M33(さんかく座銀河)は渦を巻いた銀河として知られています。M31(アンドロメダ銀河)ととても近く、夜空の透明度を調べるために見られることも。

 

さんかく座は、紀元前1200年頃にはつくられていた古い星座ですが神話はありません。

星並びがギリシャ文字のΔ(デルタ)に似ているので、古代ギリシャではデルトートンや、トリゴノンと呼ばれていたといわれています。




いかがでしたか?

冬は星座がとても綺麗に見えます。まだ秋の星座も残っていますので、両方楽しめますね!

風邪をひかないよう温かい服装をして、星空観察をしてみましょう。

星が瞬いてとても綺麗な光景です。