ブラックホールは未知の領域

ブラックホールについては、さまざまな情報を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際ブラックホールとはどんなものなのでしょう?

未知の領域であるブラックホールについてお話します。

 

 

 

・ブラックホールって何?

ブラックホールといえば、暗くて大きな空間のような穴が開いているという感じがしますよね。

名前からだいたいの方がイメージするのはこんな感じかと思われます。

しかし、ブラックホールとは天体なのです。

どういうことでしょう?

 

それには超新星が関わってきます。超新星とは急に星が明るく光りだすことを指します。

まるで星が生まれたように見えるためこの名が付きましたが、これは星の最後の光。星の一生が終わった最後の状態です。

太陽の20倍以上のような重い星は、超新星爆発を起こしたのちに、中心核が残されます。

この中心核は自分の重力に耐え切れず、押しつぶされていくのですが、限界まで押しつぶされたときに密度が大きい天体のことをブラックホールと呼びます。

重力が非常に強いブラックホールだと、重力の影響を受ける光も出てくることができないのでとても暗い真っ黒な天体となるのです。

ブラックホールが天体だったとは驚きですね!

 

 

 

・ホワイトホールもある!?

ブラックホールがあるならば、ホワイトホールもあるだろうと思いませんか?

あります、ホワイトホール!

実際はあるというか、あるのではと考えられています。

ブラックホールは光すら飲み込んでしまうほどの強い重力を持っている天体です。

吸い込んでいるというのであれば、吐き出す先があると考えられます。

それがホワイトホールです。

 

また、ブラックホールとホワイトホールをつないでいる空間があると考えられていて、そのパイプはワームホールといわれています。

このワームホールを通ればワープができるかもしれない!とタイムマシンを考えたアメリカの相対性理論研究者たちもいました。

ただ、実際はホワイトホールの確認ができていないこと、物理的に考えられない設定であることにより実現は難しいといわれています。

タイムマシンが本当にあったら、あなたはいつの時代に行ってみたいですか?

 

 

 

 

・巨大ブラックホールの存在

ブラックホールといっても大きさが異なり、巨大ブラックホールの存在も考えられています。

地球がある太陽系は銀河系(天の川銀河)にあります。空に見える天の川、これは太陽系のある銀河が見えています。

2000億もある恒星の集まりなのですが、銀河系の端の方に太陽系があるので地球から見えるのです。

 

銀河系は中心があり、早い速度で回転しています。現在銀河系の中心はいて座にあり、非常に強い電波を出している場所があります。その場所の中でもいて座A*(エー・スター)が銀河系の中心である巨大ブラックホールだといわれています。

いて座A*付近の狭い範囲には、太陽の300倍ほどあると考えられる質量があるとわかったことで、この場所にはブラックホールが存在していると予想されるのです。

さまざまな銀河の中心には、このような巨大ブラックホールがあると判明しています。

 

 

 

 

・もしやすでにブラックホールにいるのでは?!

どういうこと?と思いますよね。

この宇宙が誕生したのはビッグバンが起きたからというのは聞いたことがあるでしょうか?

大爆発が起きて宇宙ができたという話です。

ただこの大爆発、ブラックホールの中で起きたのではないか?と考えられているところもあります。

それはビッグバンが起きる前、宇宙のエネルギーが圧縮されていたと考えると宇宙全体の膨大なエネルギーを存在させていられる場所はブラックホールしかないのではないか?ということからきています。

宇宙は一つではないと考えている物理学者が多くいる現在、もしかするとこの地球がある太陽系が存在している銀河系含め、この宇宙は別の宇宙のブラックホールにいるのではないか?と考えられています。

ブラックホールの中にいるなんて、考えたこともなかったので不思議すぎる話ですよね。

 

 

 

・ブラックホールを活用?!

ブラックホールは非常に強い重力があります。これは何かに活用できないのでしょうか?

 

ブラックホールの中は時間がゆっくり進んでいくので、年齢を重ねる速度も遅くなります。そのため寿命が長くなることから不老不死になるといわれています。また、惑星がぶつかってくるなどの心配もないので安心して過ごせることもあり、宇宙人はブラックホールに移住している可能性があるという説も。

ブラックホールにはとても安定している場所があるので、軌道に乗れればブラックホールの中を周回することができるのですがこれは高度な技術がないとできません。

これほどの技術があればブラックホールに住む選択をするという宇宙学者もいます。

 

また、ブラックホールにあるホーキング放射エネルギーを活用するという話もでています。

ホーキング放射とは、ブラックホールが強い重力で吸い込む反対に、エネルギーを放射して消滅するという説を唱えたホーキング博士によるもの。人口ブラックホールでは確認できたホーキング放射エネルギーをどのように活用するかはまだわかりませんが、このエネルギーが注目されています。

 

未知の領域であるブラックホールにはたくさんの夢が詰まっているのですね!

 

 

 

いかがでしたか?

宇宙についてまだわからないことがたくさんありますよね。

話が大きすぎて、私たちはとても小さく見えます。悩みなんて、さらに小さなものですよね(笑)

 

これから科学の進化でさらに新事実が発覚してくるでしょう。

とても楽しみですね♪